荷物は一気にまとめてスマートに!アウトドアキャリーを使って効率よく運ぼう!

こんばんは、とっとちゃんです🐤

今日は荷物の運搬にかかせない「アウトドアキャリー」のおすすめをご紹介!

スポンサーリンク
tottocamp_レクタングル大

アウトドアキャリーが必要なワケ

テント、タープ、シェルター、テーブル、チェア、コンテナ、焚き火台、、

キャンプでは重くて大型のギアが多いですよね。

まずは第1関門

玄関を出てから車までの距離。

玄関を出て駐車場までゼロ距離ならまだしも、ちょっと離れたところにあると運ぶのが大変💦💦

マンションだったりすると、重い荷物を抱えてエレベーター乗って何往復もするのは非効率・・・。出発の時間にも影響してきます😑😑

次の第2関門

キャンプ場からサイトまでの距離。

キャンプ場によっては駐車場とサイトが離れていて、自力で運ばなければいけない場所があります。そのため一輪車を貸し出しているところもありますね。

ただし、キレイな道だけではありません。

砂利道だったりデコボコしてたり、長い坂道だったり。

そんなときアウトドア用のキャリーがとても役に立ちます!!!😍😍🎉🎉

FIELDOOR ワイルドマルチキャリー

とっと家で採用しているキャリーはこちら!

FIELDOOR ワイルドマルチキャリー

使い方とたたみ方

🛠使い方

両サイドのロックをはずすだけで、自然にキャリーの形になります!

🛠たたみ方

たたみ方も簡単で、底面の中心に黒いリボンというかポッチがあります。

ココを上に引き上げるとギューっと縮まります(折りたたまる)。

そして、両サイドをカチッとロックして完了。

深さがあって大容量

骨組みがしっかりしていてとても頑丈。

他社製品を比べると、深さがあるのでたくさん積めるんです!

浅いとどうしても何段にも積み重ねますよね。

よくばって積みすぎて、荷物が落下して壊れた・・なんて悲しすぎる😢😢

大容量だと往復する回数が減らせるのもおすすめポイント!

大は小を兼ねる🧐

耐荷重はなんと、150kg!

最大の決め手はタイヤの大きさ

さらに最大の決め手はココ!

タイヤの大きさ⚡⚡

太くておっきくてゴツイ。

つまりどういうメリットがあるかと言うと、

舗装されていないような道や、川辺など石がゴロゴロしてる場所でも耐久性があります。

あと意外と盲点なのが、ビーチや海辺🌊🌊

細くて華奢なタイヤは砂に埋もれてしまい、引っ張るのが大変です。

道が悪いとき、タイヤが大きい「四駆」の車が有利なように、

タイヤが大きいほどピンチのときに本領発揮してくれます🚙🚙🚙💥💥

重たい荷物を積むので、これくらいタフだと安心。

あと、タイヤがくるくる回るので小回りが効きます!

あらゆるフィールドでキャンプすることを想定して、

太いタイヤを選ぶことをおすすめします😌

よく見かけるタイヤのタイプと比較

🔎コールマンのアウトドアワゴン

🔎FIELDOOR ワイルドマルチキャリー

比べてみると一目瞭然!

ここまで太いタイヤなかなか見たことないです😎👍

アウトドアキャリーはショッピングでも重宝する

大型のギアを買ったとき、コストコやIKEAなどでまとめ買いしたときにも活躍してくれてます!

とくにドリンク類を箱買いすることが多いので、

ツライ思いをしなくてもキャリーでまとめて運べるのですごく便利!👏👏

スロープののぼり坂もスイスイです。

使わないときは折りたたんでコンパクトに

折りたたんでカチッとロックをすると、自立してここまでコンパクトになります✨✨

邪魔にならず玄関のすみなどに置いておけば、サッと取り出せます。

いかがでしたか?

荷物は一気にまとめてスマートに!

アウトドアキャリーを使って効率よく運びましょう🐤☀

”人生に、野遊びを”

それではごきげんよう

スポンサーリンク
tottocamp_レクタングル大
tottocamp_レクタングル大

フォローする